必見!ウィッグをお探しならコチラ!

TOP > ウィッグについて > ウィッグを自然にみせるコツとは

ウィッグを自然にみせるコツとは

ウィッグは今はそんなに特別なものではなく、誰もがおしゃれの一環として手軽に楽しめるものになっていますね。
でも、いざ使うとなると周囲の反応が気になってしまいます。
一番のポイントは「自然に見えるかどうか」ということではないでしょうか。
普段使いだからこそ自然な感じが求められると思われます。
ウィッグを自然に使うにはいくつかのコツがあります。
まず、重要なのがウィッグ選びです。
やはりあまりにも安すぎるものは良くないですね。
あとで後悔しないためにもある程度の価格の物にした方が無難です。
また、色選びも大切ですね。
極端な色味やメッシュは普段使いには向きません。
自然な色味(ブラウンやブラック)の方が使いやすいでしょう。
ネットショッピングなどを利用するのも良いですが、ショップで試着してから購入する方がより自分にあったものを選ぶことができますよ。


形としてはフルウィッグを使用する方が、簡単に自然に見せることができるでしょう。
ただ、フルウィッグは値段も高く、頭が大きく見えてしまうなどのデメリットもあります。
夏場は蒸れてしまうなんてこともありがちです。
でも、それらが気にならないようでしたら、お勧めですね。
ハーフウィッグやポイントウィッグは手軽にかぶれますが、地毛との違和感が感じられてしまう場合もあります。
特に気になるのは境目やつむじで、自分の髪質や色合いに合うものがみつかればよいのですが、ピッタリ同じというものは中々ないですよね。
そんな場合は小物使いでカバーするのも1つの方法ですよ。
たとえば、幅の広いカチューシャやリボンなどで境目を隠す。
または帽子を着用する方法もありますね。
これらを利用すれば、かなり自然にみえるでしょう。
簡単に自然にみせたい人にはカチューシャつきのハーフウィッグもありますよ。


また、スタイリングで自然にみせる方法もあります。
たとえば毛先をカールさせたり、サイドの髪を耳にかけてみる、それだけでも自然な感じがしますね。
ウィッグ特有の見た目の重さを解消するためには、できるだけ地毛を抑えてかぶることが大切です。
髪をまとめる時にネットを使用しますが、スイミングキャップをかぶるのもボリュームがおさえられるのでおすすめですよ。
前髪のウィッグはそのままつけると重たい感じになります。
地毛とのバランスを考えながらすきバサミですいてから使うとキレイにまとまります。
ウィッグはオーダーメイドではなくても、基本的には誰にでも似合うように作られています。
そのため、量は多め長さは長めになっていて、アレンジがしやすいようになっています。
そのため、そのまま使用すると重さやボリュームが出てしまい、どうしても不自然になりますね。
なので、つけた状態で美容院に行き、カットしてもらうのも良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリー